'90sのバイクの本(3) ホンダNRヒストリー、他2015/07/19 08:29



NRの市販車が出たのが1992年だそうだが、それを期にしたのだろう、2冊ばかりNRの本が立て続けに出ていたので借りてみた。

RC213V-S のようなものが出て、金額的にも、超フラッグシップ的な意味合いとしても、NRの存在が完全に抹消されようとしている今、それを振り返ってみることには、意味があるかもしれない。


1992年6月刊

Amazonはこちら
ホンダNRヒストリー―楕円ピストンにかける技術者たちの夢と情熱

初めの一冊は、開発史を詳細に追ったもので、著者は富樫ヨーコになっているが、HONDAの開発陣へ取材した内容を並べているだけで、物語としての再構成はないようだ。淡々と、開発陣が何をやったか、何があったのかが、時系列に並んでいる。NRは、当時はいろいろと謎めいた存在だったので、その成立ちに興味がある向き(少なくなかったはず)には、「判明の喜び」をもたらしてくれる本かも知れない。


もう一冊は、市販車のNR750を詳細に紹介するムックである。

1992年8月刊

Amazonはこちら
HONDA NR―革新のロードスポーツバイク (PICTURE BOOK)


2冊とも、一通り目を通したのだが。
私には、やっぱりわからなかった。

NRの目的だ。
これは、何のためにあったのか?。

開発には、必ず目的がある。
「何のために創る」というゴールが、必ず初めにあるはずなのだ。
いくら優秀な技術者とて、ゴールがなければ走りようがない。

NR、New Racerの略だそうだが、それは、HONDAがGPに返り咲く際に、会社としての特徴をよりあらたかに示すために、是非4サイクルで勝とうと、何故か、そういう話になったらしい。当時のGP500は2サイクル全盛で、そこで4サイクルで勝てれば、技術力の誇示としてより効率が良かろうと。そんな動機だったようだ。(誇示したい技術があるのかどうか、つまり、4サイクルで行けるのかの技術的な検討が、初めにあったわけではない、という所が、HONDAスピリットというか、プロXというか、竹槍精神というか・・・「夢」って言うのかな、世間的には。笑)

で、そうなった後で、さて、4サイクルで現行2サイクルと同じほどのパワーウエイトレシオを実現するにはどうしたもんですかねーと考えると、当時としては非常識な高回転を実現せねばならない。そのためには、吸入効率を飛躍的に高める必要があると。

要は、バルブの面積を増やしたいのだが、普通の筒状のシリンダーヘッドに、丸い吸排気バルブ(普通は4つ並んでいる)を、さらに増やすには無理がある。そこで、ピストンを楕円にすれば、バルブが8つくらいキレイに並ぶよね、と。NRのスタートというのは、そんなことだったようだ。

もし、ホントにそれだけの話なら、バルブの方を楕円にするとか、他にもアイデアはいろいろあったんじゃないかと思うし、よしんば楕円ピストンで行くにしても、エンジン工学的に、熱効率がボンジュールだから出力がトレビアンみたいな、もう少し技術的に突っ込んだ検討があってしかるべきなんじゃないかと思うのだが、まあとりあえず、HONDAでは、ピストンの方を楕円(正確には長円)にしようと、そういう話になったそうだ。

後は推して知るべしで、楕円ピストンがまともに動くようになるための技術開発。他に同類も先輩もいないから、大変だったろうことは想像に難くないし、現場の苦労は、想像を超えたようだ。

さらに、エンジン以外の普通の「レーサーの開発」が重なる。モノコックフレームを試したり、Fフォークを倒立にしてみたりといったことから、バックトルクリミッターを効かせ過ぎると押しがけできませんよね~なんて下位のことまで、全てだ。(当時は押しがけスタートだった。)

そんなんで、さんざっぱらカネと時間をかけて何度も作り直してレースに出続けたNRだったが、結局、全日本で一瞬、普通に走っただけで、ろくな成績を残せなかった・・・というか、ほとんどまともに動かずに時が過ぎる。(Guzzi のV8レーサーの方が、まだまともに走ったと思う。)

そうこうしている間に、2サイクルのNS(New Spiritの略だそうだ)ができてきて、やっぱりそっちの方が成績を出し易い(しかも安く!)ことが明らかになってくると(初めから明らかだったと思うけど)、開発のマンパワーもNSが優先となる。これに前後して、HONDAのレースの組織としても、RSCとNRの部隊が合わさってHRCが発足して、人の異動としてはかえって楽になったせいか、NRの部隊はジリ貧となっていく。

そこでイッパツ逆転を試みたのか、500cc 4気筒を縦にカチ割ってターボをかませた、250cc 2気筒のターボNRエンジンを造ったりして、開発の方向性としては混迷の度をかえって深めるのだが。

その後、なぜか「新しいコンセプトを盛り込んだHONDAらしいマシンの登場が望まれる」となって、耐久レーサーのNR750の開発が始まる。(この辺の、ことの推移の曖昧さ加減は、 いつか見た例 とよく似ている。)

何だか、開発方向の論理付けとしては後付けもいい所で、要はNRの部隊が、食いぶちを探してウロウロしているとしか思えないのだが。まあ実質的には、NRはHONDAの技術力の「象徴」としての意味しかないから、専ら宣伝の面での効果を狙ったのか、ライダーにジャーナリストを起用して(その一人がネモケン)ルマン24hにエントリーという、センセーショナルな見せ方になったようだが。まあ、本番が3時間半でリタイアとなれば、それも逆効果に終わったようだ。

で、最後は、あのバブリーな市販車だ。このゴージャスな企画の背を押したのは、何年か前のRC30の大成功があったろうとは私の邪推。この、もう「何でもあり」の\500万overのフラッグシップは、その名の通り、何かの旗は振ったのかもしれないが、いざ市販というタイミングでバブルが崩壊、その後もしばらく、市場では新車がだぶついていたのは、ご存知の通りだ。(きっと今でも探せば見つかるだろう。)

市販車のNRの詳細は、上に挙げた2冊目の本に詳しいが、どちらにしても、内容はいわばHONDA自身による大本営発表だから、NRが率先した技術開発の成果は同時期に走っていたRVFを初めとしたレーサーはもとより、市販車に豊富にフィードバックされて実を結んだのである、というような結び方で終わっている。

・・・そうかなあ。
やっぱり、私には、この楕円ピストンの意味がわからない。
ここでの「意味」とは、「実効性」、つまり、何の役に立ったのか、のことだ。

例えば、「この楕円ピストンは、当初の見込み通り実は物凄く熱効率が良くて、このおかげで今、HONDAはエミッション/燃費競争のトップを楽々と走っているんですよ~」のような分かりやすい成果があったなら、納得できるのだが。そんなものは全く無いどころか、あの市販車のNR750のアフターサービスさえ、HONDAはとっくに放棄しているそうだ。(2005年で終了。 Wikipe より。もう10年も前に終わっていたんですな。)

それに、こうやって、その開発史を改めて一望してみると、NRは、GPレーサー、ターボ加給、耐久レーサー、市販車の4種類を造っているが、その度に、開発を「ハナっから」と言えるほどやり直している。それは、何か目的なりゴールがあって、それに向かってまい進しているイメージではなくて、やっぱり、目的を探して右往左往していたようにしか見えないのだ。

レーサーの開発にしても、フレームに入らないからエンジンのVバンク角を90度じゃなくて85度にしました~のような、本質とは関係ない作業もずいぶん多かったみたいだし、例えば、最後の市販車のNR750は、それまでの長円ではなく、長い方の辺も微妙に湾曲した楕円っぽい形(正確には、正規楕円包絡線というそうだ)をしている。これは、そうしないと数が作れない、市販できないからなのだ。

シリンダーは、こんなスペシャルな工作機械で、グルンポぐるんぽって妙ちくりんな回し方をしながら、グリグリ造るんだよ。

ピストンはNCらしい。

逆に言うと、それまでNRは、市販なんて、これっぽっちも考えていなかった。量産が決まった時に手をつけて、その技術も一緒に立ち上げたのだ。

それに、要素技術の話を離れて、バイク単体として考えてみても、やっぱり、NRは変だと思う。

いくらネモケンが「楕円ピストンは異次元だ」と褒めたたえた所で、それが本当に代替不可能な唯一無二のものだったとは思えないし(エンジンのデキとしては、今時の最新制御のエンジンの方がいいのではなかろうか)、楕円ピストンはエンジン巾を広げるので、車体は相当な「おデブさん」になってしまっていて、スポーツの道具として、まともに取り合ってやれる出来ではなかった。実際、これで公道をスポーツしよう!なんて、誰も本気では思わなかったろう。

そんな具合なので。
私には、一部のHONDAファンが、NRを「HONDAの魂だ」のような言い方(信仰かな)をするのが、理解できない。

もし、HONDAの魂というのが、宗一郎氏のカリスマに率いられたブランディングに代表される何かなのだとしたら、むしろ私には、NRは、HONDAの開発力が、その本質的な意味合いを失った大きな橋頭堡、ありていに言うと、終りの始まりのように見える。

時代的にも、NRを育んだ、バブルという「登り坂」は、ご存知のように、金銭的な贅沢をもたらしたのだが。メンタル面では、自己中心的であり、無責任であり、いい加減で、恥ずかしかった。(ヨーロッパのブランドショップで、日本人が「爆買い」して、現地人にせせら笑われていたのを思い出す。)

今、90年代初頭の出来事としてNRを振り返ると、やはり、その時代性と同種のものを感じる。「夢」というのはホメ過ぎで、実像としては「煩悩にかたどられた欲望」に近かっただろうと。

その証拠に、これはバイクとしては使いようが無い。

「バイクの使いよう」というのは、大雑把に3つある。

1. 実用車
 スーパーカブに代表される仕事グルマだ。実例は結構ある。

2. レジャー
 開発はもっぱら省力化を標榜した、「ラクに行って来れるもの」。
 方法論としては実用車と同じ、その大型版。
 実は、国産はこればっかり。

3. スポーツ
 自分の技量と向き合うための、良質な道具。
 理想に対するイメージと、その具体的な方法論を感じさせるものが理想。
 (いつも愚痴っているように、)公道に適したものは、本当に少ない

NRは、このどれにも当てはまらない。
無闇に高価なフィーチャーがいっぱい付いているが、どれも実際には使い道がないのだ。

RC213V-Sも、その意味では、良く似ている。

ある意味、仕方がないとも思う。
というのは、レースが、スポーツではなくなっているからだ。

スポーツとは、「勝ち負けを通じて、自分の技量と向き合うこと」だと思う。
他人に勝てるかはどうあれ、それを通じて、自分が向上できるかが主眼なのだ。(だから、ラクに勝てるとつまらなくなる。つまり、勝てればいい、ということには決してならない。)

しかし、ことカネがかかると、そうキレイ事では済まなくなる。
勝つこと、そのものが自己目的化し、本来の目的である技量とか努力とか、そんなものは脇に追いやられ、勝ったものが優れたもの、とそういう帰結で語られるようになる。いわば、意味の逆転が起きるのだ。
その裏で、ファクターは増えて、ことは複雑化し、足の引っ掛けあいや、切った張ったを通じで、いらんものが、どんどん入り込んでくる。
そうやって増えた「いらない物」は、金銭を直接の目的としない我々にとって、使いようがない、「関係がないもの」だ。

それは、何とか言葉を捜すと、嗜好品のようなものかと思う。
「バイクの使いよう」、第4の用途だ。

例えて言うと、タバコじゃなくて葉巻ですとか、焼酎じゃなくてスコッチですとか、そんなのと同じだ。好きな人には受けるのだが、そうでない人にとっては、全く何の意味もない。無くたっていい。実際、簡単に他のもので代替できたりする。

RC213V-Sは、このニュアンスを今に復活させた、とも言えるだろう。
同じように、最新のニュアンスで表現すると、コンテンツ、となるだろうか。
動画かなんかを通じて、画面の中で、消費するもの。

リスクを冒してアクセルを開けないと、リスクが増える。
だから、至極冷静に、自分と周囲を見つめて判断して、間髪入れずに、自分と機体にムチを入れる。
本物のバイクが必ず帯びている、そんな厳しくも怪しい臭いが、こいつらには、全く無い。

それでいいのだろう。
好きな人が触れればいい。
私には関係ない。
そういうものだったのだ。

ただ、これを「夢」と言い募ったり、頂点(お手本)として憧れたり、奉ったりするのは、止めた方がいいんじゃないだろうか。

「葉巻はオトコの夢だ」なんて、端っこの方にちんまり収まるのは、棺桶に片足を突っ込んでからでいい。

どうせなら、もっとリアルで、マシな夢を持ちたいと思う。
せっかく、バイクに乗っているのだから。






コメント

_ xion72 ― 2015/07/26 19:34

ここ3-4年、週末の朝駆けの休憩時に読書ログを拝読しております。土日の夜も明けきらぬ時間の気味悪いアクセスの多くはワタクシかと思われます。
先日出たRC213V-Sのリリースを見ながら、これは一体なんなんだろう、と考えておりましたが、文中の分類を見て合点がいきました。
アレは商用車ですね。買ってくれたユーザーがレジャーやスポーツに使うことは想定していませんものね。ヨーロッパ辺りでホンダが売ってる元ネタの市販レーサーよりは安いのでレースに使う向きもあるかと思いますが、それも商業利用ですし、そうでなければ展示物としてどこか私設の博物館にでも飾られるのでしょうね。
カブやCD125との違いは、マーケティングの仕掛けとしての、つまりホンダのノベルティグッズとしての商業利用度合いが大きい、ということかな、と思います。とはいえ、ひと頃ホンダの企業CMで、早朝の街を若い子が新聞配達するのがあり、ホンダカブの清々しさを前面に表現したのがありましたので、カブもいまやホンダのブランディングにそれなりに寄与できてるのだなと思われますが。ただRC213V-Sならカブほどの歴史を経ることなくお手軽にブランディング活動の素材に使えた点がホンダとしては好都合だったのではと思います。
翻ってNRはどうだったのでしょうか。アレは一体何だったのか、普通のバイク好きが判断できる機会はついぞないままだったように思います。街でギュルギュルと徐行で走る姿を2度ほど見かけたきり、生き生き走る姿は見たことがありませんし、Youtubeで見かける海外の動画も数年前のものばかり。当のホンダでさえいまや多くを語ってませんので、もう終わったこととして、そっと忘れたフリをするのがオトナなのかなぁと思ったりもします。
ウェブもまだなかった頃ですし、ジャーナリズムが薄っすら残っていた時代かと思うので、第三者を介さずに大本営発表が難しかったであろうことは想像できます。しかし、ホントはホンダもアレで何をしたかったのか、よく分かってなかったんではないかと思ったりもします。「できるからやってみました」のような。
NR750の23年後に登場したRC213V-Sはさすがに違いますね。雑誌以外にもウェブでの開発者インタビューや実車の露出、鈴鹿8耐のエキシビジョンなどマーケティング的なアクティビティもしっかりやってますし、はっきり商業利用することを目的にしていると思います。
ホンダの罪作りなところは、コレがレジャーやスポーツを目的としたものではないにも関わらず、それをはっきり言わずあたかもスポーツバイクの延長線上にあるもののように見せているところなのでしょうね。
世界最大のバイクメーカーなのにこんなでいいの?こんなことやってるとバイク趣味の世界がダメになっちゃうんじゃない?なんて妙な正義感を感じていましたが、そういやホンダがシェア1位なのは実用車とレジャーバイクがあるからであって、文中にあるスポーツバイクという定義に基けば、必ずしもホンダは独占大手ではないよなあ、なんて一人納得した次第です。

_ ombra ― 2015/08/01 11:08


xion72 様
いらっしゃいませ。 <(_ _*)>

長文のご感想ありがとうございます。
ご愛顧を頂いているようで恐縮です。

「全てのバイクはメーカーの儲けのためにある」と言ってしまえば元も子もないのですが。エンジニアが作り上げた夢をユーザーが買うという幸せなビジネスモデルは、とうの昔に終わっていて。もはや、どう言い募ろうと、価値を見出しにくい製品が少なくないです。

「公道向けMotoGP」とは言うも恥ずかしい矛盾で、高加重(≒高速)に耐える素晴らしい車体に、なまくらなタイヤとデチューンしたエンジンでスピードが出せない代物というのは、どうにも使いようを思いつきません。それをこの値段ですから、「高いからイイモノだ」というセレブな(≒バブルな)価値観に向けた嗜好品とでも解釈するしかありません。百歩譲って「レースは走る広告塔」なのだとしても、何のひねりも無しにこうも直接的に使われてしまうと、やっぱり、なかなか恥ずかしいですね。

品質の向上と証明を兼ねる場としてレースが有用だった時期というのも、歴史的にはありましたが。実際のところは戦後の立ち上がり期がせいぜいで、その後のレースのテクノロジは、ユーザーからは乖離し続けているようです。(現に、RC21?Vがどんなに速くなろうと、我々には全く関係ありませんし。)

仰る通り、日本車は、今でも実用車で稼ぐ割合が多いせいか知りませんが、実用車的な思考によるエンジニアリングを好むようです。スポーツに限らず、バイクの「進化」というのは、もっぱら「省力化」のことで、今までライダーがやっていたことを機械が代行しますから、ライダーはもっと上のことができますよ、のような売り文句になることが多い。

しかし公道では、法的、インフラ(路面の造りとか)、乗り手の実力の全てで、上限がバッチリ限られますから、省力化で下限をかさ上げされると、単純に居場所がなくなります。いわば「やることがない」結果になるので、商用車や、他にやりたいことがあるレジャー目的(風景を見に、旨いもの食いに、といったような)なら有用かもしれませんが、スポーツ用途には全く使えません。やることがないのに、上達するわけありませんから。

つまり、公道向けのスポーツバイクの資質というのは、法的、インフラ、乗り手のあらゆる面で限られる上限の中で、何をどうやったら走りのエッセンスを高められるのか、その方向性と手法を示唆する資質のことになります。(スポーツバイクだけじゃなく、レジャー向けや実用車にだって、少しはあった方がいいんですけどねホントは。)「上限」以外の所に、価値観のセンターを置く必要があるわけです。

それでなくても、「レーサーが頂点」なんて戦後昭和ごっこを、いつまでもやってるワケ行きませんから。メーカーもユーザーも、この辺を少しは峻別した方がいいと思うんですけど。歴史は繰り返すばかりで、実際はなかなか変わりません。

NRは不幸でしたね。技術屋的な視点で見ると、本当は、純粋に技術的に、オーバルピストンの長所と短所を明らかにする作業は必要だったと思うんです。(そうやって、教訓として後代に活かせて初めて、その技術的な価値が明らかになるはず。)しかし、本書や、その後のHONDA車を見る限り、そのような作業が行われた痕跡は、全く見えません。逆に、市販車NRが、「セレブ風味」に盛り付けられて、これがNRの価値だ!のようなブチ上げ方て終わってしまった辺りに、言いようのない不幸を感じます。結局は、当時の社長、またはどこかの社内部門の「お戯れ」でしたね、みたいな話に見えてしまっている。

まあ、NRの技術的本質が何だったのか、HONDA自身が語ろうとしないというのは、例の様に、その教訓が「初めからわかっていたようなことばかりだった」からなのかもしれませんけど。(笑) 5バルブも油冷も、あの頃の技術はもう影も形もありませんし、時代からして、生い立ちそのものがバブル嗜好だったと、そういうことなのかもしれません。

RC213V-Sはどうですかね。実質的な意味があるとしたら、SBK含めたレギュレーション向けの何かくらいしか思いつきませんが。やりたい方?やめたい方?含めて、やっぱりよくわかりません。それ以前に、もうパッと見に「買えねえだろバーカ」と言われているように見えると来れば、ま要は飾りだ、コンテンツだなと、そうならざるを得ません。

数年たって、あれも当時の社長のお戯れでした(買ったユーザーは自業自得でした)と、そんなことになってなきゃいいんですけどね。

_ 松浦正明 ― 2017/10/30 03:43

「NRの技術的本質が何だったのか、」なる批判的記載がございましたので
当時開発を担当した者として既に機密の時効を過ぎたと判断しコメントさせて頂きたいと存じます。

先ず、内燃機関の教科書を開いて頂き、熱効率を上げるには圧縮比を上げなければ成りません。また高出力を得るには加給と言うデバイスを付けずに成す為には空気を多く取り込むバルブが必要に成ります。また、ピストンスピードを落とす事も高回転化には必要になります。

前置きは沢山あるのですが、端的に書くとNRの正規楕円包絡線円の技術本質は、内燃機関の効率究極を追い求める為に「高圧縮比と自然吸気の限界バルブ径と揚程、ショートストローク化の両立を狙った機関なんです。」

また、ピストン/ピストンリングの作成に関しては、もともと真円ピストンも熱膨張から真円に作られておりませんので、価格は数の論理で高価に成ってしまいました。

しかし、NR正規楕円包絡線円機関の本領を発揮させるには自然吸気の限界バルブ径と揚程を高速域でマッチングさせねば高出力を得られず、低速域での両立が出来ない機関に成りました。そこでCBR400で先行して量産したバルブ休止システムが必要にも成りました。

技術開発とは、根源的な壁を突き詰めると何処かでバランスを取らざるを得ない限界が見えて来ます。これが技術者の「夢」に繋がるんです。

_ ombra ― 2018/01/01 09:41



松浦様

貴重な情報のご開示をありがとうございました。技術的には上記の本文とさして違いはなかったようですが、おかげさまで、現場の気分と言いますか、雰囲気のようなものはよくわかった気がします。

他方、やはり疑問と言いましょうか、割り切れなさのようなものも、やはり感じました。

仰る通り、あの楕円ピストンが研究であり、成果としても仰る通りのものであったとしたなら、端的に、市販車には使えない、使うべきではないものであったように思われます。

実験であったのなら、そのまま、レーサーだけに留まっていたのなら、分からないでもありません。レースは走る実験室、ですものね。(少なくとも、HONDAさんにとっては。)

また、百歩譲って、回転域が限られる機関であることを鑑みれば、回転域を限ることができる用途、例えば、EVのレンジエクステンダーや、ガスボンベの発電機や、耕運機などの一部の農機具(HONDAさんも製品がありますね)などに使われて、「今、HONDAが市場での優位性に役立っている」といった成果につながっているのなら、納得できるのですが。そういうこともありませんね。

ちゃんと調べてはいないのですが、NRに関する基本特許は、今でもHONDAさんが保有しているだろうと思うのですが、とうにそれらの期限が切れているだろう今でも、他社の模倣が全く見られないことから、多分コスト面でメリットが見込めないのだろうと推察しています。

> 技術開発とは、根源的な壁を突き詰めると何処かでバランスを取らざるを得ない限界が見えて来ます。

はい、自明のことです。
私も技術者の端くれでしたので、十分に存じております。

> これが技術者の「夢」に繋がるんです。

そこですね。

技術者が夢を見るのは勝手です。しかし、それをあたかも「顧客の夢」でもあるかのように喧伝し、高額の市販車として世に出した姿勢は、少なくとも企業としては、非難されてしかるべきと感じます。

HONDAは、技術者の夢を、高額で売る会社だ、ということなのでしょうか。

私が、いちユーザーの立場から考えると、どうにもバカにされているように感じてしまうのですが。

NRに話を戻しますが、やはり、あの楕円ピストンは、見た印象の通り、線が細い技術だったのだなと、そんな思いを新たにしました。

ご投稿を、どうもありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mcbooks.asablo.jp/blog/2015/07/19/7711207/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。