バイクのマンガ グッバイエバーグリーン2017/02/04 07:05



Amazonが、あまりにしつっこく勧めてくるのに負けて。
買って読んでみました。(沈)

萌え系ってんですかね、セーラー服のむちむち女子高生がリッターレプリカで速い!てほどエグくはなく。(帯のイラストには少々びびったが。)中身はもう少し枯れた感じの、ハートウォーミングな絵&物語。

古いものに相対する祖父の意思を継ぐ女子高生(性格ほぼ単細胞)が主人公で、周辺に老若男女の個性派の脇役をばら撒くことで、世界観を形作る。ありがちな構成ではある。(ワンピース似。)

登場人物は皆、一見、違う方向を向いていたり、いがみ合ったりしているのだが、根っこの方では同じベクトルを持っている。それを、果物の皮でも剥ぐように、一枚一枚めくって行って。見えて来るのは、古いものに対する、思い入れや、思い込みだ。

この内容は、端的には、「古いバイクを扱う雑誌に連載されていた」からであり、少々勘ぐれば、「古いものから脱却できない、古い人に向けて書かれた物語」でもある。つまり、今、萌え盛りの皆様よりは上の世代、古いものへのシンパシーを濃厚に持つ年代が対象読者と。

そういったスジなので、私のようなオジサンでも、辛うじてついては行けるのではありましたが。残念ながら、女子高生の、しかも、物語としてかなり単純化された心情を中心に展開されるストーリーは、現実感が無さ過ぎて。このオジサンの、古び干からびたマインドには、刺さらなかったのでありました・・・。

現実世界で、古いバイクを何とか維持せんともがきつつ、悪化の一途の状況に辟易している私のような古参には、YDS1やRZに乗りたがる若者や、職人気質のバイク屋やガラッパチな女店員、画面の隅で微笑んでいる物わかりのいい老人などは、都合のいいプロット、「体のよい作り話」にしか見えない。

てか、YDS1て右シフトじゃねえのか中免取り立てが乗れんのか?とか(いえ、正解は左シフト)、焼きついているのにキック降りてんぞ?とか、タンク小さく航続距離短いあのSDRで、こんだけ長距離走るってどうよ?なんて、つまんないことばかりが気になって。我ながら、ジジくささに閉口した。(笑)

久しぶりに、線が細いマンガ絵を追って、眼が疲れたし。(既にガッツリ老眼の由。) 個人的には、やっぱり、この手のマンガは、もういいかなっと。

でも、いったん買うと、Amazonのリコメンド、さらにヒートアップするんだよねぇ。新刊が出ました!同種のがあります!とか。まだまだ続くんだろうなあ・・・。(sigh)


Amazonはこちら
グッバイエバーグリーン (アース・スターコミックス)

バイクのマンガ 雨はこれから2017/02/05 06:57



Amazonのあまりにしつこいリコメンドに負けて、買って読んでみました。
パート2。

この作者は、もう何十年も前に、中古バイクの雑誌の連載で、ポルシェとカタナの追いかけっこを読ませていただいた記憶があるが。( ポイント・オブ・ノーリターン てやつ。個人的には、ピンと来ないんだが。主人公のこだわりが偏狭で「ノータリーン」に見えてしまい・・・これでバイクは厳しかろう。)

本書も、そのカタナのオジサンのそっくりさんが主人公で、今度は、いじくったSRでシブく決めている。そのシブいオジサンの、平たくて奥行きのない日常が、淡々と綴られている。

登場人物の配置も、上述の「ノーリターン」と似ていて、同年代に加えて、「若い連中」も相手にする構成で、「歳を食ってる分、ディフェンスに回る」のような、若いヤツと絡みたいの?イヤなの?物欲しげだけど我慢してます・・・風の話が続く。でも、「けつデブ」・・・違った、「デカ尻」は出てこない。これからなのか、オジサンはもう、そっちは枯れちゃったのか。

ここで描かれるオジサンの年代に、まだ親近感があるワタクシではありますが。家族という重石がなく、かつ仕事に行き詰っちゃった、年かさの、リターンではないベテランのバイク乗りの「悪あがき」としては、まあ、こんなもんかなあと。そういう意味では、よく描けているのだろう。

いじくった古いSRが身体に馴染んじゃってる辺りは、何となく「らしく」感じられたが。50代も終盤になんなんとするオジサンが無理なく操れるのは、せいぜいこの程度の車重なのだよね。でも実際、SRはどんだけいじくっても、こんなには速くならない。バイクが速くなる前に、振動で人間が腱鞘炎になる。(笑)

前回のマンガ と違って、線が太くて粗い絵は見やすくて、この年寄りの目には優しかったが。この作者は、元々タッチが粗い人だが、本書ではさらにいい加減になっていて。わざとなのか、作者も老いているのか、よくわからないが。まあ、大人の読み物だろうから、これでいいのか。

それにしてもだ。
淡々とした、非日常的な無目的感が、なんと言うか・・・
シブいサザエさん?

「ノーリターン」にシンパシーを持つ人なら、読む価値があるだろう。


Amazonはこちら
雨は これから vol.1 (Motor Magazine Mook)