バイクのビデオ 「Enjoy Your Riding」2014/06/29 05:15



先日、会社の人と呑んだ時。
普段は、バイクの話などはしない人なのだが。
珍しく、その手の話になった。

若い頃、GPz400を買って、マフラーやら何やらいろいろいじったのだが、いじる度に遅くなって、ムカついて捨てたよ、てな昔話や。

で、今また乗るとしたら?となって、
「林道がいいな」と。

普段、スキーやゴルフなんかの屋外スポーツや、キャンプ系のアウトドアなんかに親しんでいたりすると、林道~オフロードというのは、真理的な距離感が近いのかもしれない。それに、何せそろそろ歳なので、人ごみと一緒にヤンヤというのは、どちらかというと、もう避けたくて。できれば、自然の中でゆ~ったりとか、そっちの方に行きがち、というのもある。

最近の林道がどうなっているのか、よく知らない。
地方の景気を考えると、林道の維持に手が回っているとは思えないし、それをバイクに開放してくれる余裕が残っているのかは、もっとあやしいのだろう。

ハードの方も、昔、2stの元気のいいオフ車がたくさんあった頃とは違って、今のオフ車って、何だか微妙なのが多い。(250ccクラスは、オンロードスポーツ車も、アジアちっくな安いのにすげ替わっていて、オフ車に限らず、みんな微妙なんだけど。)

でも、3ケタ県道なんかをツーリングしていると、おや?そんな細っそい側道に入ってくの?というオフ車を見かけたりするので。「通」は、今でもそれなりに楽しんでいるのかも知れない。

オフ車も、500~600ccになれば、大概はシングルで車重が軽くて扱い易い。エンジンにも余裕があって、瞬発力もあるから、オンオフ問わずに、使えるステージがグンと広がる。ネガといえば、スピードが出ないことと、長距離は尻が痛くなること等々だが、もうそんなにスピードは出さないし、尻が抜けるほど足を伸ばす頻度もそうは無いとなれば、当然、射程に入ってくる。

500~600ccのオフ車というと、私は、このビデオを思い出す。
(実際、後々に何台かに乗る羽目になった。)

雑誌ライダースクラブの元祖が、まだご存命だった頃に出していた、映像ソフトである。

私は当時、LDを買ったのだが。
何年か前に、DVDにサルベージしていた。
それを引っ張り出して、見てみた。

タカズミとネモケンが、ヨーロッパの山道をバイクで走る映像でもって、彼の地の二輪文化と、バイクの本当の楽しみ方についてウンチクをたれる・・・といった内容だ。

なにせ、古いソフトなので。
「まるで、官庁の教育ビデオみたいだ」とは知人の評だが。
今、見ると、全くその通りで。抑揚の無い、淡々とした作りだ。
(あのネモケンのブツクサ語りが・・・眠くなる・・・。)

内容は、大きく2つに分かれる。

まず、db-1で、リミニの山を走り回る。
次に、XLR600なんかのオフ車で、トレッキングに。

(db-1の方は、YouTubeにアップしている人が居たので見られるかと思う。後半のは、私は見つけられなかった。)

車載カメラ。ネモケンが後ろからタカズミを撮っている。
何せ、当時の機材なので、映像はショボイのだが。よくやってたなと。

この、内側のヒザが出っ張る角度は、今は無いよね…。
(えらいバックステップ、かつシートが低いから。昔のスポーツバイクは、イスが低かったのだ。)

コスチュームは、白青ロスマンズの頃。db-1と全然合いませんな。

二人とも若くて。何だか笑える。
 ↓ いつも偉そう   ↘ 胃腸悪そう

ここから、話がちょっと変わって。
ネモケンがVFR、タカズミがXLRで、山道に遊びに行く。

一応、攻めてみせるネモケン。さすがにお上手。

でも、XLRに全然かなわないの図。
 ↓ ゆるい      ↘ なにげに必死だが

そりゃね。こんな、つづら折れなのでね。大型スポーツはお呼びじゃない。

峠のカフェでお茶。
日本のように、みやげ物なんかがなくて不便(?)かもしれないが。
不条理に混むこともないので。時間がゆっくり過ぎる感じ。静か。

もうVFRはいいよね、となって。二人ともXLRで山へ。

山ったって、ホンマモンの山だ。こんな稜線を走るのだ。
これは気持ち良さそう!。
そういえば、欧州ツーリングのパックツアーみたいのが、ようけ出始めたのって、この後のような気がする・・・。

あっ。
(このスタッフで、ヘリ飛ばして空撮までして。
そんな散財してるから、店がツブれちゃうんだよね・・・。)

いわく、
db-1のようなコーナーマシンは欧州でも特殊で限られた人しか乗らない、
VFRのようなスーパースポーツで高速をブッ飛ばすのも同じ、
もっと気軽な、こんなトレッキングのような楽しみ方をするのが普通だし、
そのための環境も整っている・・・

憧れのバイクを買うことだけで喜んでいる日本人は遅れている、とも。
(今の、物欲至上主義のA出版ライダースからは考えられん言動で笑える。この頃は、まだみんな伝えることに真面目で、アツかったのだ・・・。)

当時の私は、この「欧州の人口密度の低さ」に、強い印象を受けた。
日本は、どこに行ってもゴチャゴチャと人がいて、しかもなぜか、何かを奪い合うような挙動をしていることが多い。もう少し、隣人との距離があれば、互いを許す心理的な余裕が持てるようになるのかな・・・と。

ここ数年、日本の人口は減っているそうだから、この調子でうまくいけば、ヨーロッパのように、ゆったりとバイクを楽しめるようになる・・・のかな?。(なるとしても、私がとっくに死んだ後だろうけど。)

このビデオから、もう何十年も経ったているが、作り手も乗り手も、意識はあんまり変わってないようだし(むしろ劣化してる?)、環境の方も、高速の二人乗りとか、少~しは良くなったかな?て程度で。こんな、欧州の「楽しんでます感」からは、程遠いようだ。

話は変わって。
先日、久しぶりに、本屋の雑誌売り場を覗いてみたのだが。
驚いた。リターンライダー向けの雑誌が、えらい数出ている。

年かさ向けの本屋だったのか。本屋に行って紙の本に手を出すのは、もはや年かさだけなのか。よくわからないのだが・・・。

一応、年かさである私は、名指しされたような気がしたので。
幾つか、めくってみた。
・・・んだが。えらく稚拙なのもあって。
(50代がターゲットなのに、「任意保険に入りましょう」って・・・。)
あとは、ツーリングコース紹介@ありえない美しすぎる写真、とか。
例によって、バイクや用品、店などのオススメ、とか。

あのなあ。いくらなんでも、これはナメてないかえ?
(内容は、上手く見えるハーレーの押し方、とかそんなだった。)


ネットのニュースで、返り咲きオジサマライダーの事故急増、とあった。その手の修羅場は、とっくに過ぎたはずの年齢なのだから、乗る本人がまず、自覚すべきなのだとは思うし、リターンではない、ずっと居たオッサンライダーとしては、事故が増えた反動で規制強化~なんてトバッチリを、今さら受けたくないなあ、とも思う。

しかし、この状況を鑑みるに、リターンライダーが置かれた環境というのは、彼らが「初めに降りた頃」と、さして変わっていなくて。バイクを、人生を楽しもうなんて、ハンパなオフ車もどきを今さら探した所で、BMWやKTMのボトムレンジあたりで散財するのが、精々のような気がする。

本当は逆で、オジサマライダーたちは、年齢なりの熟成した判断力で望むべきだし、環境についても、自分達が主体的に変える側の立場に居るはずなのだ。「バイクで人生を楽しむ」なんてポエムに騙されて、いろいろカモられる場合じゃないんだが。

何でだろうね、オジサマって、意外とポエムに弱いらしい。物欲しそうなオジサマ、多いしね。(かく言う私も自信が無いが。ポエムを書いているつもりはないんだけど。てかグチか。)


Amazonは・・・
ないですね。この内容じゃ、再販もムリ?

※ ご覧になりたい方、DVDを貸しますので。コメント欄にでもカキコ下さい。


バイクのDVD 「Ducati - the story」2013/11/24 06:13



ドカティのディーラーなどで売られているDVDだそうだが。
友人が貸してくれた。

その名の通り、ドカティ(のバイク)の歴史を描いたDVDだ。
ドカティ ヒストリーなんて、同じような本もたくさんあるし、何で今さら、という気もするが。Audiに買われたのを期に、正式な歴史を整理しました、とそんな所かな。よくわからない。

しかし、文字や写真ではなくて、動く映像(無論、音声も)なので。説得力が違う。しかも、よくぞまあ、という貴重映像が多かった。

バイクの歴史モノが好物な私メと致しましては、大変に楽しませて頂いた。

音声は、イタリア語と、英語。
英語の方が、わかりにくく感じた。
(音声が背後のイタリア語と被る、訳がイマイチいい加減・・・。)
なので、がんばってイタリア語の方で見た。
こんなにバッチリ、イタリア語を聴いたのは久しぶりだ。
(半分くらいしか、わからないんだが…。)

お話としては、多分に賞賛がベース。
「Borgo Panigaleは永遠なり・・・」
悪く言うと、大本営発表とも。

Ducati の歴史。
簡単ではないはずなのだ。

会社としては、電気屋さんだったり、光学機器屋さんだったりもしてるし。
体制としても、国営だったり、「像マーク」だったり、ファンドだったり・・・。
実体は、いろいろと入れ替わっているはずだ。
バイクだけ見ても、シリンダーの数や、空冷と水冷とか、タリオーニの前とか後とか。いろいろある。

バイクのハードの変遷を追うだけでも、「不連続点」がいくつかある。それを全て、「パッシオーネ」というキーワードだけで、一気通貫に説明しようというのは、ちょっと無理があるよなあ、とも。

何となく、「正しい歴史は一枚岩である」という「前提」が、背後にあるようにも。説明員のヒゲデブ氏の話し方なんか、もう、完全にスポークスマンだし。

まあ、自社の歴史を述べるとなると、こんなものなのかも知れない。
社史として、一本通して描きなさいとなれば、こんな感じになる・・・
のかな?とも思うし。

実は、半分くらいは、モノではなくて、ヒトの話をしている。
やはり、レーシングライダーが多いのだが。
エンジニアや、経営サイドの人間も少し。

ワタクシ的には、工場の映像、労働者諸君や、工作機械の映像なんかが、かえって真新しくて良かった。
ああ、あの時代に、ベベルやパンタを作っていた人たちが、こんなに居たんだ・・・。
(今は、さらにもっと居るのだろうけどね。)

「歴史」として臨場感があるのは、やはり、文字の文献の方だろう。
でも、これは、そんな風に見るべきソフトではない。
そも、歴史解釈なんかが目的では無い。
「自分が見たい断片」をピックして楽しめれば、それでいい。

個人的に、参考になったのは、

・一昔前の、空冷デスモの製造ラインの映像。
 これは・・・、
 うーむ。大変だ。(笑)
 正直、ものづくり的にはどうなの・・・?。

・現代の、製造ライン。
 荒っぽいねー。(笑)

・タリオーニが、しゃべってる。
 意外と、声が低いんだ。
 体が華奢で細いから、もう少し高い声を想像していた。
 この低い声でゴリゴリ押されると、さしものゴリラ中野氏も
 説得されちゃった・・・のかな。

・世界一周
 いつぞや、 ベスパでも同じような例 があったが。
 Ducatiも、やってたんだ。
 そりゃね。
 スポーツイメージではない、「普通の市場」で売りたかったよね・・・。

・人がいっぱい
 カピやベイリスも懐かしいが。
 ポールスマートが喋ってる!。

しっかしま、タリオーニのカミさんが、なんであんなにワケ知り顔でしゃべりまくっているのか、よくわからん。しかも詳しいし。
あれ、全てダンナ氏が教えてたんだとすると・・・恐妻家だったのかな(笑)。

でも、やっぱり、見るべきはバイクだ。

ベベルLツインは、初めから、手ごわかった。
MHRの辺りでは大分よくなったようだが。やっぱり、あれをスイスイ乗れるのは、マイクヘイルウッドだったから。(キミに同じポテンシャルがあるか?。)
パンタは、小さく軽くクキカキ曲がる「ベベルの弟分」だった。
それがラジアルタイヤの台頭と共にあったこと、そして、やがてdb-1につながって行く素地があったこと。
そんなアレコレが、何となくわかった。

Moto Guzzi も、同じようなソフトを作ってくれないかなあ。
と、無闇に期待だけしていても、仕方ないので。
ようつべでも探すか。






いつものAmazonのリンクですが。
取り扱いが無いようです。
ディーラーや、関連ショップで見つけたらラッキー、て所かな。

"Ducati - the story". The history of Ducati on DVD


バイクのビデオ ~ 「The History of the TT」2012/05/13 05:23



田植えも終わって、暖かさが増していくこの季節になると、何故か、マン島TTを思い出す。
「そろそろだなあ・・」

TTのDVDは、以前、単年度のレースの様子をまとめたものを 取り上げた が、今回のは、TTの歴史を追ったものだ。

創世記の当時の様子から、レースの映像はもとより、関係者のインタビューなどをまとめている。何せ歴史が長いので、収録時間もなかなか長い。

歴史が長いということは、端的に「いろいろあった」わけで、情報の量も多くて興味深い。GPと違って、クラス分けもいろいろあったし、内容的に市販車に近かったりもしたので、バイクの歴史そのものを一望する感じとも見える。記録モノとしてはなかなか便利で、資料としても使いでがある。

「あの憧れの一台」(例えば、ホンモノのベベルやパンタとか)の実働状態を見られる貴重な資料でもあるのだが、ほんの一瞬しか写っていなかったりで悔しかったりする。(出ていた期間も一瞬だったりするので、仕方ないんだけど。)

上のパッケージ写真の版は既に古くて、今は、最新年度を後付けした次の版が売られている。といっても収録は2006年までのようで、そろまたupdateするかもしれない。

今年のTTはどうかな。


Amazonはこちら
The History of the TT - マン島TTレース 1907~2006 [DVD]