バイクの本 LE MOTO DA CORSA2017/03/25 10:16

LE MOTO DA CORSA
al Circuito del Lario 1920-1939,
Sandro Colombo,
EDISPORT
MOTOCICLISMO, 1991
ISBN N.A.






















「思い通りにならない」の類のグチを言わなくなったのは、いつ頃だったか。
確か、中学~高校の頃は、周りにもたくさんいた。

歳を取って丸くなった(活動レベルが下がった)ことは効いている。
しかし今は、思い通りにならないのが当たり前という感覚でいるのが、大きいように思う。(同じ事かもしれないが。)

もう少し正確に言うと、幸せや満足というのは内発的なもので、外からもたらされるものではないと納得している、ということだ。

同じような考え方は、世間一般、哲学や宗教にも、よく示唆されている。

とある西洋の「成功の心得」は、内なる欲望は宇宙の原理に則っており常に正しい、(瞑想などで)正しくあるよう保ちつつ、その声に従って集中・精進すれば、必然的に成功する、と言う。

極東の宗教観にも、悟り無きを悟り、自らの愚を覚え、あるがままに悩み、本願に念を唱えれば、如である世界が自ずと来る(如来)、煩悩と叡智は裏表だ、とそんな考えがあるらしい。

当てになるかは分からない。
読み方の問題もあるだろう。
だが、みな同じ事を言っているようにも思える。

望むものの粗方は、実は自分の中に在る。
外から貰えるものではないのだ。

(実際、外からの情報は、一見有益なだけのノイズの方が遥かに多いし、他人と争って得られるものには、ロクなものがない。)

この辺の事情は、バイクも同じだ。

最新型を買ったり、すごいね、上手いねと褒めて貰ったり、大きいバイクで遅いヤツを抜き去ったりした時の喜び(優越感)は、どうにも、一瞬で消え去ってしまう。

外因性の優越感は、長続きしない。
だから、繰り返し求めることになる。

メーカーは、これを製品戦略に織り込んでいて、今のバイクは、いかに短期間で買い換えてもらえるか、よく考えて作られているし、そのように売られてもいる。

技術は進歩しているのだろう。ただ、そのほとんどは無目的化していて、何のためにあるのか分からないか、あるのに使いようがないかの、どちらかだ。

ありすぎる馬力、出すぎるスピード。(一度も使う機会がなかったり。)
転ぶ気がしない安定感。(いや、転ぶから。)

新しいエンジンの制御技術は、もっぱら次の規制への対応を目的にしていて、つまりは、お役所に向けに作られたものだ。故に、それがユーザーに貢献することは、ほぼ何もない。単なる「制度上」の話をしているだけだから、その新技術が、実質的にどれだけ貢献するものか、試算も検証もされない。



「従順なお散歩犬」のようなバイクを、誰が欲しがるのか。

(いや、この技術の目的はバイクではないことは承知しているので。そちらのツッコミは無用である。ちなみにこれ、「キャスターを変えている」旨の技術解説を見かけるが、変っているのはトレールの方だと思う。)

「乗って楽しいバイク」とは、こんなものではない。
ちゃんと、人の感性に添うものだ。

人が乗り、操作し、内外からの入力に反応し、結果として返して来る。
その大きさや周期、遅れなど(私はいっぺんに「波長」と例えている)が、人が楽しいと感じる姿をしているもの。

everlastingなもの。
飽きないもの、普遍性があるもの。
長く愛され、長く使われるから、耐久性があるもの。

どうやれば、そうなるのか。
どう作れば、そうできるか。

過去、そういうバイクをいくつか取り上げてきたが、それが全て、意図的に作られていたとは言わない。たまたまそうなっただけ、としか思えないものも少なくなかったが、何れにせよ、それを「楽しくしよう」と、日に影に奮闘した人々がいてくれたおかげで、それが実際に「楽しく」なったろう事だけは、妙にリアルに想像がついたものだった。

上に挙げた写真が楽しそうに見えるのは、「思い通りにしよう」と奮闘していたり、その結果「思い通りになった」瞬間であったりするので。そりゃあ、楽しそうなのは当たり前なのだ。

思うに。
「楽しいバイク」の何たるかというのは、ほぼ、この頃にはもう分かっていた。(具体的には、1950年代頃までかと考えている。)

バイクにとって、「楽しい」というフィーチャーは、その時代で終わっていた。

それ以降、我々は、踊り場で、同じ所をくるくる回っていただけだ。
成長と思い込んでいたのは、贅肉のようなものだ。

先日、読者の方から、文章より写真の方がよいと言われ、愕然とした。
いや、私もそう思ったのだ。だから余計に驚いた。(笑)

自分のグチにも、そろ飽きてきた、というのもある。

ただ、私が求めていたのは、ああバイクって楽しそうだな、乗りたいなと、そう思ってもらえること、そこの共感だったのだなと。

そしてそれが、この時代の写真で、既に如実に伝わってしまったということに、今更ながらに驚いた。

「何だよ。終わってたんじゃん。」

そんなわけで、当ブログの更新は、当面休ませて頂こうかと思う。
読者の皆様には、長い間のご愛顧にお礼を申し上げたい。

また何かあったら、再開することもありうるかとは思うが。
このまま消滅と相成っても、ご容赦願いたい。


以上


真ん中の不審者はカルカーノです。


ベスパの本 Sei Giorni2017/03/19 09:20

ISBN 88-87748-37-3


先週に続き、文章でなく写真でまとめる。
これまた前回と同じく、イタリア語のVespaの本だが。
今回は、レーシングベスパ、Sei Giorni を扱った本だ。

以前、他の本を取上げている時に、何回か写真のみ 引用した が。
単独で取り上げるのは今回が初めて・・・だったと思う。
(よく憶えていない…。)



当然、美しいメカの大写し写真なんかが続くんだが。




これはこれで、じっくり取上げたい気はするが。
人の画像に移ろう。

時代は、日本で言えば昭和なんですけどね。カッコイイなあ・・・

並びます。

スタートですね。
人が多いなあ。


自然体でカッコイイです。

いや、無論、走り出せば必死ですよ。

街並みがまた。
日本でも、京都あたりを走らせたら意外と似合うのかな。

うーん、やっぱり自然体。
スーパーカブでは、こうはならない。何ででしょうね。

いい顔です。


どうでしょう。
旅に出たくなりました? (笑)

同じレースの写真でも、最近のは「すっげえなあ」とは思うものの。
こんな風に、「いいなあ」と感じるものは、見なくなった。

何ででしょうね…。



※ 本書のご購入をお考えの方、上記のISBNからお調べ下さい。


ベスパの本 CHI VESPA MANGIA LE MELE2017/03/12 09:48



今日は文章を書く気がしないので。
ビジュアルに行こうと思う。

本書は、私がイタリアに初めて遊びに行った時(無論、20世紀)、現地の本屋で買ってきたベスパの本・・・のつもりだったが、いま見ると、背表紙に、今は無き銀座の洋書やさんの値札が貼ってある。記憶違いか?別の本の値札がくっついたのか・・・

・・・とにかく、イタリア語のベスパの本である。

当然、古い本で、1993年  Giorgio nada editore 刊。

まず、ベスパの始まりの話から。

先輩

立役者

設計

この辺りの細かい話は いつかした のでやめて、

やっぱり人ですね。
ベスパは、スケール感が人間によく合っている。




お子さんの表情が微妙。(笑)

ベスパは広告がキレイ。
「お買い物はいつもベスパ」

人以外もね。
海とか。(笑)

タミヤです。

メンテの話も一応。
SSTですな。これじゃ、まだタンク外せないけど。

これもお約束。8人乗っても壊れない!?

ですが、やっぱり旅。
ベスパは旅バイクでもある。


コミューターのスタディ。
今、トヨタがやってるのなんかより、よほどカッコよい。
できるならこっちに乗りたい。

もうすぐ春ですな。
のんびり近場のツーリングに行きたい。


Amazonですが。 日本には、当然ありません。
本家 Giorgio nada にもなし。(送料高いのであっても買えないけど。)
Amazonイタリアと、Amazon USAにはあったので、一応リンクを貼っておきます。

Amazon.it  chi vespa mangia le mele
Amazon.com  chi vespa mangia le mele

古本探してまで買うほどのもんではありませんけどね。